先日日本人ジャーナリストが、外務省から渡航の延期を求められていたにも関わらず渡航した結果、武装勢力に拘束され、殺害されてしまう。

という痛ましい事件があった。
事件が表面化してからしばらくは、ジャーナリストに同情する声が多く上がったが、外務省から渡航禁止を求められていた。

と報道されてからは、同情する声が聞かれなくなったように思う。

その後、別のジャーナリストが、シリア?に渡航しようとしたら、強制的にパスポートを返納させたということが話題になったが、それは仕方ないように思う。

亡くなってしまった人を批判しても仕方がないと思うが、渡航の延期を求められた時、冷静に考え渡航を中止していたら、命を落とすこともなかったはず。

渡航しようとする国が、どれだけ危険かということは、他の誰よりも知っていたはず。

友人を心配する気持ちは分かるが、救出することもできず、拘束され命を落としてしまっては、なんの意味もない。

そればかりか、問題が深刻化するほど法改正されたりして、どんどん自由がなくなっていっている気がする。

実際渡航勧告のでている国には、渡航を禁止させる。
という法律が出来つつあることを、お昼の番組に出演している弁護士がコメントしていた。

誰かが問題を起こすとその度に日本の自由がなくなっているような気がするのは、私だけだろうか?