こないだ実家で整理してたら、国内外いろんなところから私が母に書いてたカードや葉書が束ねてありました。

他のものもそんなに綺麗にまとまったりしてるわけでもないので嬉しいことです。お誕生日カードはとくに、今年はこれで、みたいに選んでたからその時の心境とかも覚えています。アメリカに留学した年はいろんなことがあった母に大きなテディのカードだったし、卒業リサイタルの直後はたくさんの記念写真を切り貼りしたカードでした。

香港に移った年は、しゃれた西洋のカードも手に入る中あえて中国語がいっぱいの中華風のカード、去年はニュージーランドから’’もうすぐ帰れるからね’’と。

夏日和だった今日も、母のお誕生日を心から思う。せめて老後はなるべく近くで一緒にお祝いできたらよかった。思っておりました。

そんな思いもいま原動力に変わり得るのは、もともと初夏の陽気のように自然にあふれるパワーでいっぱいの母だったからでしょう。

母は永遠に60歳。でも、私はこれからもきっと毎年この日をお祝いして母を思うことでしょう。5月は母の日、母の誕生日とあるので昔から好きでした。

真っ赤なカーネーションはバラの花束、イチゴのケーキ。。赤くてきれいなものが並んで、母の愛情を思うことが出来るから。